【ローファットレシピ】鍋ひとつで作る基本のチキンフォー

ベトナムの米麺センレックを使った、鍋ひとつで作れる基本のチキンフォーです。

スライスしたもも肉をスープで茹でることで、火を通す時間を短縮しているので、時間がない日のランチにもぴったりです。鶏ガラスープであっさりした味わいなので、夏におすすめです。

ナンプラーとパクチーで本格的なアジアンテイストになります。

栄養成分(おおよそ1人当たり)

  • エネルギー:366kcal
  • タンパク質:27.6g
  • 脂質:6.1g
  • 糖質:22.6g
  • 食物繊維:2.1g
調理時間 20分

レシピ材料

材料 1人分
赤玉ねぎ ¼ 個(50g)
乾麺フォー(センレック) 50g
鶏むね肉(皮なし) 80g
もやし ½ 袋 50g
鶏ガラスープの素 小さじ1
ナンプラー 小さじ1
300cc
パクチー 5g
ひとつまみ
こしょう 少々

作り方

  1. 鍋にお湯(分量外)を沸騰させ止め、麺を10分ほど浸しておきます。やわらかくなったら、ザルに上げます。
  2. 赤玉ねぎはスライスして10分ほど水にさらしておきます。パクチーは2センチに切ります。
  3. もも肉は薄くスライスし、塩とこしょうをふります。
  4. 鍋に水と鶏ガラスープの素を入れて沸騰させたらもも肉を入れ、1分で取りだします。次にもやしを入れ、5秒で取り出します。
  5. 鍋に麺を入れ1分茹でたら、スープごと器に注ぎ、ナンプラーを加えます。上にもも肉、もやし、赤玉ねぎ、パクチーをのせます。

ポイント
フォー(センレック)の麺は、事前にお湯で戻しておくことで茹で時間が短縮できます。
味が足りない場合はナンプラーを加えてください。お好みでライムやレモンを加えても美味しいです。具材は魚介や豚肉などにアレンジできます。