【低糖質レシピ】豆腐のさんが焼き

サンガ焼き
サンガ焼き

千葉県の郷土料理である【さんが焼き】は、 アジなどの青魚をたたいたものに、長ねぎやしょうがなどの薬味野菜と味噌を加えてたたいたネタをハンバーグ状に焼き上げたものです。

焼き上げる前のものは「なめろう」と呼ばれ、青魚を豆腐に置き換えてアレンジしてみました。

水切り豆腐を使うことによってヘルシーに仕上がり、加熱せずにごまをちらして豆腐のなめろうとしても召し上がれます。

栄養成分(おおよそ1人当たり)

  • エネルギー:293kcal
  • タンパク質:25.9
  • 脂質:17.1 g
  • 糖質:4.2g
  • 食物繊維:2.7g
調理時間 15分

レシピ材料

材料 1人分
木綿豆腐 1/2丁(80g)
鶏ひき肉 100g
みょうが 1個
小ネギ 2本
大葉 6枚
すりおろししょうが 小さじ1
味噌 大さじ1

 

作り方

  1. 豆腐は2枚のキッチンペーパーで包み、耐熱皿などで重石をして500wのレンジで3分加熱します。
  2. みょうがはみじん切り、青ネギは小口切りにします。
  3. すべての材料をまな板にのせ、包丁で叩きながら混ぜます
  4. うすく油を塗った耐熱皿かアルミホイルに材料をのせてオーブントースターで表面に焼き色がつくまで200℃で5分ほど焼きます。
ポイント
豆腐はレンジを使うことで短い時間で水切りができます。
300g程度の重石となるお皿をのせてください。
トースターで焼く際はスプーンなどで薄く広げるようにすると成形が簡単です。